資金調達 銀行融資 を成功させよう!!銀行融資、公的融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 銀行融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 資金調達TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・融資用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS
 ・資金調達情報を連載!!


資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 公的融資 1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 公的融資 2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 銀行融資 1
 ・銀行融資とは?
 ・プロパー融資とは?
 ・ビジネスローンとは?

資金調達 銀行融資 2
 ・格付けとは?
 ・クレジットスコアリングとは?
 ・銀行融資攻略法

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資

     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

サイトマップ

 資金調達 銀行融資 公的融資等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 法律承認について大きな勘違いをしている経営者は多いです!。




 騙されない(勘違いしない)で下さい! これが本当の姿です。

 「中小企業を支援する法律の承認を得ると融資をして貰えるらしい・・・」、
 「おまけに補助金も貰えるらしい・・・」


というような噂(?)が広がっているようです。

 さてこの法律の承認とは本当のところいったい何者でしょうか?
 これって本当に役に立つのでしょうか?
 中小企業の救世主なのか?

 私の経験に基づいてお話しさせて頂きます・・・。

 大抵、この法律承認を申請する経営者の多くは、この承認を貰えれば、


 1.融資を受けることができる
 2.保証枠が広がって、融資を受けることができる
 3.補助金を貰うことが出来る



などと勘違いしているようです。

 私の元に経営革新支援法の相談にくる方の過半数は、

 「承認をもらえたのに融資を受けることができない!どうしてですか?融資を受けることができると聞いたからコンサルタントに高額報酬を支払ってでもお願いしたのに・・・」

という内容ばかりです。

 法律の承認は、融資や補助金を約束するわけではありません。

 申請する資格が与えられる、とでも理解しておくべきです。

 こういう勘違いには、我々、コンサルタントの説明責任もあるでしょうね。


 ・「赤字でも大丈夫」
 ・「債務超過でも大丈夫」
 ・「まだまだ借りられる」
 ・「今後の会社の運命を左右する」
 ・「奇跡を起こす公的制度・・・」



などと大げさなキャッチフレーズがよく使われています。

 中には悪意を持って、こういう文句を並べて高額な報酬でクロージングをするコンサルタントもいるそうです。本当に気をつけてください。

 また、経営者にも問題があるんですよ。

 コンサルタントが、きちんと説明しているのにもかかわらず、そういう重要なことを直ぐに忘れてしまって、「法律の承認さえ取れれば・・・」と一方的、且つ勝手な思い込みをしてしまう経営者も多いことは事実です。



 また、例えばコンサルタントが「債務超過でも大丈夫」というのは、

「債務超過でも承認は大丈夫」ということであって、「債務超過でも融資が受けられる」ということを意味しているのではありません。

 確かに私のクライアントで債務超過で承認を受け、信用保証をしてもらった事例はありますよ。しかしながら、上の説明が本来の意味だと思います。

 社長さん! そう勘違いしていませんでしたか?
 また、コンサルタントは、このことをきちんと説明したのではないでしょうか?

 これらの意味をしっかりと理解して下さい。

 この法律承認は、魔法でも救世主でもありません。
 これが紛れも無い事実です。現実です。

 このことをよーく覚えておいてください。


 「それじゃ、この法律承認の意義は?」と思われた方いますね?

 これら、法律の承認は、本来、資金繰りが厳しい企業だけを対象に、
救済措置として制定されたものではありません。


   資金繰りがきつい!だから、法律の承認を受けて融資を受けよう!


というのはある意味ナンセンスだと私は思います。

 しかしながら、それでは資金繰りが厳しい会社がこの法律の承認を受けてとしても、融資を受ける事はできないないのか??

 そんなことはありません・・・。
 説明の辻褄がおかしい・・・と思いましたか?

 もし、資金繰りが厳しくて、この法律の承認をステップとして、金融機関や信用保証協会に、融資などの申し込みをチャレンジしたい!と思われる社長さんがいましたら、それは、是非お勧めしたいです。

 しかしながら、もう一度言います。

 これは、資金調達を約束するものではありません。

 ある意味、資金調達に困っている会社が、金融機関などに交渉できるステージを作ってくれるものだ、とでも理解してください!

 この説明が正しいかどうかは別として、ニュアンスを掴んでほしいのです。



 さて、法律の承認企業に用意されている施策には主に以下のようなものがあります。 

 1.補助金制度
 2.政府系金融機関による低利融資制度
 3.税制面での支援措置
 4.中小企業信用保険法の特例 など


 これら以外にもあります。

 再度申し上げますが、これらの「承認=施策」約束するものではない、ということを肝に命じてくださいね。


 資金調達 銀行融資 公的融資 助成金 の深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「中小企業新事業活動促進法」のページへ
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ



 資金調達 銀行融資 公的融資などの関連ホームページ

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。