資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 融資 助成金等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 補助金・助成金マニュアルのご案内。 助成金の基本がわかります!




 補助金・助成金マニュアルのご案内

    ※イメージ写真

    小さな雑貨屋さんが、経済産業省から
      「500万円」の助成金を獲得!




 それをきっかけに、首都圏に期間限定で大型SCに出店!そして、“テレビ(NHK)”で約10分間の特集まで組まれた・・・。さて、いったい、どうやってその500万円を獲得したのでしょうか?

※これからお話することは実際のケーススタディです。これは、ウソではありません。実際の私のクライアントさんのお話です。
↓↓↓↓

「えっ、うちのような業種では経済産業省から助成金は貰えないんですか?」


 もう何年前になるでしょうか? ある地方都市の女性社長さんからこんな電話を頂きました。


「吉田さんのことを顧問税理士さんから教えていただきました。資料も拝見させて頂いたのですが、当社は助成金に申請できませんか? 可能性はありませんか?」


 事業内容を聞くと、小さな小売業を営まれているようです。商店街にあって、人通りは先ず先ず・・・。だけど、月商を聞くと・・・ちょっとそれはむずかしいかな・・・。


「社長さん、ちょっと難しいと思いますよ。私がご提案させて頂いているのは経済産業省系の制度ですから、開発系企業向けなんですよ。だからサービス業は非常に難しい。絶対駄目だということではないんですがね」。

「だけど何とか方法はないのでしょうか? 早速明日にでも東京に行きますからすぐにでも相談に乗ってください!」


 本当にこの社長さん、東京まで来たんです。女性の行動力には脱帽です。しかも、地元の名産物のお土産まで持って・・・(感謝)。そこまでお願いされて、こちらも引き下がるわけにはいきません。お断りする理由が見当たりません。


「わかりました。お手伝いしましょう!」

「何か良い方法はありますか?」

「ありません。だけど・・・」

「だけど・・・?」

「ちょっとしたポイントで申請書を作成していくと、それなりに素晴らしい事業内容に変身させることができるんです。だからと言って、必ず助成金が貰える訳ではありませんよ。何たって採択率10%の狭い門ですから!」


 申請して、数ヶ月がたち、一本の電話が・・・。


「吉田さん、信じられません。交付決定の通知書というものが届いてますが、これで助成金がもらえるのでしょうか? 未だに信じられない・・・」


※その後、この会社は、期間限定ですが、都内近郊の大型SCに出店しました。つい最近、テレビ局の取材も受けて、テレビでお店が宣伝させてました。約10分くらいの特集でしたから、これはすごい!ブラウン管を通して見える、溌剌と明るく仕事をしている社長さんは素敵でした。(勘違いして頂きたくないのですが、助成金をもらえるとテレビに取材して頂けるということを言っているのはありませんからね。経営者の積極的な行動が運を呼んだのです。)



●皆さんにお知らせしたいことがあります。

 先ほど、「ちょっとした申請のポイント」といいましたが、これはいったいどんな魔法なんだ?と思ったことでしょう。

 補助金・助成金とは、返済不要のお金のことです。経済産業省では、毎年何百億円もの補助金・助成金を用意しているのです。日本の経済を支えてきたのは、製造業です。よって、国も製造業には手厚い施策を用意しています。(と、ここまで言い切るのは危険かもしれませんが・・・。)

 よって、開発系の中小企業には、とてもたくさんの補助金・助成金制度を用意しているのです。最低、開発系企業でしたら、年間10くらいの制度には申請できるはず!こんなにチャンスがあるんですよ。

 しかし、先ほどの会社さんは小売業、大雑把に括ってサービス(ビジネスモデル)業としましょうか。実を言うと、サービス業はとても狭き門なのです。申請できる制度の数も非常に少ない!

 だからと言って、サービス業が補助金・助成金をもらうことができないか? いいえ、そんなことはありません。一部の事例を紹介すると・・・。


 ・歯科衛生士さんの口腔介護サービス業者
 ・健康診断サービス提供事業者
 ・デザイン会社
 ・SEO対策事業者



 これらは、私が支援した会社さんの一部です。共通しているのはサービス業者だということです。サービス業はとてもらいにくいのです。しかし、全く不可能だというわけではないのです。開発系企業、サービス業、ともに可能性はあります。

 私がお手伝いしたあの雑貨屋さんは、「500万円」をゲットしました。もちろん、年商1億円には到底及ばない規模の小さな会社さんです。

 助成金「500万円」は利益に相当します。と考えると、経常利益率5%の会社なら「1億円」の売上を上げなくてはいけないのです。

 そうです。助成金「500万円」貰うと、これは1億円もの売上を上げたのと同じ効果なのです。この会社は実質1億円の売上を一瞬のうちに売り上げてしまったのですよ。

 そう考えると、絶対申請した方がいいですよね?



●そう思っても申請しない理由・・・

 いくら助成金の魅力のお話をしても、以下のような理由で申請するのをやめてしまった方、諦めてしまった方がいらっしゃることでしょうね。


 ・50頁以上にも及ぶ公募説明書を読む気力がない・・・
 ・20頁以上にも及ぶ申請書をつくるなんて・・・
 ・申請書がいったい何を聞いているのかわからない・・・
 ・採択率10%なんて、超狭き門だなあ・・・
 ・そもそも事業計画書の作成なんてできないよ・・・



 どうですか? ズバリ言い当てたでしょう? もしかしたら社会保険労務士の先生でもこう思っている方もいらっしゃるのでは?

 これらは申請しようと思った経営者が必ずぶち当たる壁です。またこれらは確かに残念ながら全て事実なのです。これが現実です。

 それじゃ、いったいどうすれば・・・?

 ご安心ください。一先ず、審査時に、くだらない理由ではじかれることがないようにすることはすぐにできます。補助金・助成金を貰うための方法・・・それは、ちょっとした知識と計画力なのです。私がアドバイスさせて頂いていることは以下の3つだけですよ。


 1.申請可能な制度を見つける。
 2.ちょっとしたコツを活用しながら申請書を作成する。
 3.年間数本の制度に申請する。できれば数年は続ける。 



 たったこれだけです。これだけのことをすれば、採択可能性はぐーんとアップしますよ!当たり前のことなのです。

 さらに、さらにノウハウはもっと深いです。例えば・・・



 1.一度申請して却下されても大丈夫です。
 2.うちは技術開発しないけど・・・。
 3.小中学生レベルの国語力しかないけど・・・。
 4.審査するのは人間です。その点をついて作成する。
 5.申請書の事業内容の落とし所は、これです!
 6.申請書作成のゴールデンルール
 7.獲得のための10のポイントって・・・?



 これらのノウハウをご存知でしょうか?


「ははーん、なるほどね。吉田さんはこういうことが言いたいのだな?なるほど〜」


 もし、こう思われた方がいましたら、私の作成した「マニュアル」なんて必要ないでしょう。

 つまり、補助金・助成金がもらえる方、もらえない方との違いは、こういうコツを知っているか、知らないかの差だけなんですよ。(よほど新規性のある素晴らしい開発事業は別です・・・。それでも申請書の書き方は重要ですがね。)

 もしかしたら、助成金をもらった事がきっかけになって大躍進したり、テレビに出るようなチャンスが出てくるかも・・・!!

 そこで、この度、私がこれまでに約500社20億円の資金調達支援実績を元に作成した「補助金・助成金申請マニュアル」というものを編集しました。


 ・一先ず、補助金・助成金という正体を知りたい。
 ・今まで、申請をためらっていたけど、申請してみたい。
 ・(士業の先生で)顧問先の支援をしていきたい。



 この「補助金・助成金申請マニュアル」を読んで申請すると・・・、


 1.補助金・助成金の“正体”をよく知ることができる。
 2.(個人差はありますが)、申請書を書くことが
   できるようになる。
 3.くだらない理由で審査をはじかれることがなくなる。
 4.よって、嫌でも可能性がアップします。
 5.副次的効果も期待できます。
   (過度な期待はしないように!)



 このような効果が期待できます。ただし、マニュアルを読んだだけでは駄目ですよ。申請しなくては、貰えませんから? 「申請する」という“行動”をとってくださいね。


●2つの種類をご用意しました

 当マニュアルは、経済産業省系の制度、つまり、技術開発系の補助金・助成金について詳しく説明しています。

 社会保険労務士の先生がご支援されている厚生労働省系の助成金とは、性質が異なります。技術開発系の補助金・助成金は主に、経済産業省や総務省の制度が中心になり、その技術開発やビジネスモデルを審査することによって助成するものです。審査はとても厳しく、制度にもよりますが約10%前後の採択率になります。

 それに対して、厚生労働省系の助成金は、条件さえ合えば採択される確率は非常に高いと言われています。しかしながら要件・条件等はとても厳しく難解でもあります。

 この度は、「技術開発系の補助金・助成金」に関する2種類のマニュアルを編纂致しました。

 一つは「基礎編」です。

 これは、技術開発系の助成制度に関する知識をまとめたもので、入門知識としてこれで十分です。しかし、申請レベルまで達するような内容ではありません。

 もう一つは「基礎・応用編」です。

 これは、「基礎入門編」をさらに細かく、実際申請できるレベルまでノウハウを公開しています。例の雑貨屋さんのケーススタディは、「応用編」にて公開しております。

 必要に応じてお選び頂ければと思います。


 補助金・助成金マニュアルの目次構成

「基礎編」
 ・第1章 公的資金調達に関する基礎の基礎
    ■1.最低限の知識は身につけよう!
    ■2.資金調達の全体像。頭に叩き込む!
    ■3.資金調達のウソホント
 ・第2章 補助金・助成金を獲得する方法
    ■1.そもそも補助金・助成金って何だ?
    ■2.補助金・助成金は中期経営計画に取り入れる!
    ■3.返済不要って本当か?返す場合もあり得る…?
    ■4.人件費の補助・助成をしてくれるのは、
       厚生労働省系の制度だけ?
    ■5.資金繰り対応にも可能な制度ってありますか?
    ■6.平均的な申請書はこうなっている!
    ■7.先ずは書く。そして、圧縮する。
       課題名は最後に考える!
    ■8.補助金・助成金獲得『10』のポイント
    ■9.中小企業技術革新制度<SBIR>を押さえる!
    ■10.創造技術研究開発費補助金
    ■11.受給資格者創業支援助成金
 ・第3章 補助金・助成金に関するQ&A
 ・資料編 創造技術研究開発費補助金


「基礎・応用編」
 ・第1章 公的資金調達に関する基礎の基礎
    ■1.最低限の知識は身につけよう!
    ■2.資金調達の全体像。頭に叩き込む!
    ■3.資金調達のウソホント
 ・第2章 補助金・助成金を獲得する方法
    ■1.そもそも補助金・助成金って何だ?
    ■2.補助金・助成金は中期経営計画に取り入れる!
    ■3.いったいどういう人(会社)がもらえるのか?
       私はもらえるのか?
    ■4.返済不要って本当か?返す場合もあり得る…?
    ■5.人件費の補助・助成をしてくれるのは、
       厚生労働省系の制度だけ?
    ■6.資金繰り対応にも可能な制度ってありますか?
    ■7.平均的な申請書はこうなっている!
    ■8.先ずは書く。そして、圧縮する。
       課題名は最後に考える!
    ■9.図や表、箇条書きを活用する !
       審査員は必ずしも専門家ではない…?
    ■10.補助金・助成金獲得『10』のポイント
    ■11.申請書作成のポイントはこれだ!
        審査員の審査ポイントを探る!
    ■12.事例研究(新事業開拓助成金)
    ■13.事例研究(新事業開拓助成金 雑貨屋さん)
    ■14.専門外の分野の依頼にはどのように
        対応したら良いだろうか?
    ■15.中小企業技術革新制度<SBIR>を押さえる!
 ・第3章 補助金・助成金を獲得する方法(実践編)
    ■1.補助金・助成金申請フロー
    ■2.創造技術研究開発費補助金
    ■3.地域分・創造技術研究開発費補助金
    ■4.新事業開拓助成金
    ■5.UFJベンチャー育成基金、
       UFJニューフロンティア企業育成基金
    ■6.三井住友ベンチャー育成基金
    ■7.みずほニュービジネス育成基金
    ■8.通信放送新規事業助成金
    ■9.先進技術型研究開発助成金
    ■10.受給資格者創業支援助成金
 ・第4章 法律承認に関する最低知識
    ■1.法律承認とは?補助金・助成金との関係は?
    ■2.必ず承認してもらえるものなのか?
    ■3.中小企業経営革新支援法
 ・第5章 補助金・助成金に関するQ&A



 補助金・助成金マニュアルの特典、サービスについて

 当マニュアルをご購入して下さった方に対して、資金調達に関する各種相談・支援を行っております。サービス期間は「6ヶ月間」です。またご購入価格とは別途、「代金引換送料(1,600円)」が必要になります。支払い及び発送は全て代金引換になりますので、何卒ご了承下さいませ。


1.価格について
  ・税込価格:
    基礎編「10,290円」(本体価格9,800円)
     →本編89頁、資料52頁
    基礎・応用編「30,450円」(本体価格29,000円)
     →本編204頁、資料465頁(CD)


2.無料メール相談
 初回の1回だけで、2回目以降の相談は有料の電話相談にさせて下さい。これは単なる"報酬"だけの問題ではなく、メールだけの曖昧、且つ少ない情報だけでは適切なアドバイスをすることが出来ないからです。出来るだけ相談者のリスクを軽減するためにも、2回目以降は有料の電話相談をお申し込み下さい。何卒ご理解下さい。

3.電話相談
 「通常:10,500円/30分」のところ「5,000円/30分」
 ご購入して下さった方のみ対象として、特別料金「税込5,000円」で相談に応じます。先ずはEメールでお問合せください。指定の振込口座をお知らせします。その際、相談日時等を決定します。指定日時に、指定の電話番号にお掛けください。

4.面接相談 
 「通常:31,500円」のところ「20,000円」
 ご購入して下さった方のみ対象として、特別料金「税込20,000円」で面接相談に応じます。先ずはEメールでお問合せください。その際、相談日時等を決定します。面接報酬は、当日現金でお支払ください。遠方で、当方が訪問させていただく場合、規定の日当及び交通費をご請求させて頂きます。


 補助金・助成金マニュアルのご購入方法について

 マニュアルのお申し込みの際は、「→お申し込みページはこちらから」をクリックして頂きますと、申し込みのページにアクセスいたします。何卒「注意事項」を、きちんとお読みになって、お申し込み下さいませ。

  →お申し込みページはこちらから

 このまま直ぐにダイレクトで、ご購入のお申し込みを頂いても結構ですが、ご購入を検討されている方、迷っていらっしゃる方もらっしゃることでしょう。そういう皆様のために、PDF冊子をご用意させて頂きました。「資金調達のウソホント(補助金・助成金基礎編)」といいます。10の基本ポイントを公開しています。よろしかったらこれをお読みになってからお決めになってもOKだと思います。

 尚、このPDF小冊子は、ダウンロード方式になります。メールを頂いたら、ダウンロード先のURLをお知らせします。どうぞ、お気軽にご請求ください。

 なお、ダウンロード形式ですが、お名前と電話番号(FAX)等をお知らせの上、ご請求下さい。時折、頂いたメールアドレスに返信できない場合があります。その際は、お知らせ頂いていた電話番号やFAXに確認のご連絡を入れさせていただきます。

  →レポート請求はこちらから

<お知らせ>
今後、頂いたメールに資金調達情報、新商品情報、各種宣伝等を配信させていただく場合があります。もし、必要なかったら、「必要がない」と返信を下さい。

「通信販売の法規に基づく表示」、及び「個人情報の取り扱い」について


 さらに深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する資金調達知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する資金調達知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する資金調達知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する資金調達知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル



 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。