資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 資金調達 補助金・助成金等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 補助金・助成金の申請書作成のコツ。これを知っていると・・・得ですよ。




 補助金・助成金の申請書作成のコツ (研究開発系)

 それでは、この「技術・研究開発、サービス開発」に関する制度の申請書作成のポイントをお教えしましょう。

 これらの申請書を作成するのは大仕事です。一度ご自身でチャレンジした方は分かると思いますが、非常に辛い作業です。

 さて、申請書作成に於いて、一般的に言われているポイントは「新規性、社会貢献性」などです。これらを「いかにアピールできるのか?!」がとても重要なのです。

 しかし、それ以前に超重要なポイントがあるのです。
 それは以下の4つです。


 1.申請書の“字”は丁寧に書く。
   出来る限りワープロで作成すること。
 2.全体を通して、きちんと作文になっているか?
   一貫性のある骨組みの文章になっているか?
 3.誰が読んでも理解できる文章か?
   専門用語の羅列に終始していないか?
 4.申請書の質問の主旨に沿った回答文章に
   なっているか?



 これらのポイントに注意しながら申請書を作成して下さい。

 「新規性、社会貢献性」などポイントとなるキーワード(切り口)は確かに重要ですが、それ以前に“作文”になっていなければ、審査員の方は申請書を読むのも嫌でしょう・・・。

 そう言えば、助成機関が開催する説明会に出席すると、説明している方がよくこう言います。

 誰が読んでも理解できるように作成して下さい。何が書いてあるのかがわからない申請書ばかりです。また手書きで提出される方は、丁寧に書いてください。誤字脱字が多くて読めません!

 この意味わかりますか?それだけ審査員は申請書を“読む”のが辛いのでしょう。いくら「新規性、社会貢献性」を訴えても、“作文”として成立していない申請書を読むのは大変ですよ。

 この気持ちは私もよく分かります。

 私も仕事柄、多くの経営者の方からプレゼンを受けますが、皆さん、自分の事業を“あつーく”語ります。しかも、専門用語は飛び交うし、内容も逸れていくし、結局、「どういう事業で、一体何をしたいの?」と最終的に聞いてしまいます。

 この“あつーい”思いを申請書にぶつけて書いたら、これは大変なことになります。特に技術畑の経営者が書いた申請書は、本当、分かりにくいです。

 また、この状態で申請書を書くと、申請書の質問内容と全然異なる方向性の回答になっていくのです。しかも、どの質問にも結局同じ内容の回答をしてしまうのです。

 例えば、「この事業の新規性は何ですか?」という質問と「この事業の優秀性は何ですか?」という質問がされているとしましょう。

 結局、同じ内容の回答になってしまうのです。

 「自分の考えている事業はすごいんだ!」という思いが強いと自分本位での表現しか出来なくなるわけです。この点、注意が必要です。


      審査するのは機械ではありません!
      心や感情のある人間が審査するのです!


 これを肝に命じ下さい・・・。


 さらに深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「補助金・助成金〜誰がもらえるの?」のページへ
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。