・資金調達サポート会員制度についてのQ&A


◎質問
この会員になれば、もう資金調達の心配は必要ないのですか?“必ず資金調達できる”という約束をしてくれるものなのでしょうか?

<回答>
 残念ですが、そんなことはありません。会員になっても資金調達できない方もいらっしゃると思います。神様でない限り、お約束できません。もし、それを望むのなら本会はあなた様には向いていないでしょう。入会されないことをお勧めします。


◎質問
現在、資金繰りに問題はありません。そういう場合はどの会員を選択すればいいのでしょうか?

<回答>
 一先ず、会員Cでよろしいのではないでしょうか? それと、一点、ご理解していただきたいのですが、資金調達の相談にいらっしゃる経営者の多くは、資金調達ができなくなってから私に相談の申込みをされます。はっきり言いまして、現在の金融機関の審査の考え方ですと、資金調達できなくなってから騒いでも、もう手遅れのケースがほとんどです。この件について、こちらでも解説していますが、資金調達がきなくなってからあたふたするのではなく、そうならないように、資金調達ができている、まさに“今”から対策を立てるべきなのです。前もって予測をして対策を講じなければ、「資金調達できない・・・」と感じはじめてからではもう遅いのです。このことを何卒ご理解ください。


◎質問
この会員の対象は決められているのでしょうか?また条件等はありますか?

<回答>
 特にありません。これから起業される方から、既に起業されて何年も経過している方でも結構です。ただ、特に起業する前、起業されて3年以内の方にお勧めしたいです。最も重要な時期ですからね。それと、士業(税理士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士)の先生方や経営コンサルタントの方も歓迎です(士業会員)。



◎質問
「顧問」を希望していますが、毎月の定期訪問は1回だけですか?それ以外は全く会わないということなのでしょうか?

<回答>
 定期訪問の月1回というのは、「御社に伺う回数が1回」、「半日拘束が1回」というイメージで理解してください。顧問先訪問は原則として、午後にお伺いいたしますが、なるべくその当日に他の予定は入れません。よって、当日の打ち合わせの時間に制限はありません。
また、これは「月に1回だけしか会わない」ということではありません。当然、必要に応じて、お会いしますよ!資金調達以外でも困ったときには、勝手に判断せずに、先ずは何しろ連絡を下さい。


◎質問
地方企業でも会員になることは可能でしょうか?

<回答>
 可能です。顧問は難しいでしょうが、会員ABCは問題ありません。Aの面談は無理ですが、電話で対応させて頂きます。勉強会の参加もできないと思いますが、全て音声ファイルでダウンロードできるようにいたしますのでご安心下さい。
また、会員Aの方で、東京にくることがあれば、その際はご連絡を下さい、是非、お会いしましょう!! また地方で顧問を希望される方は、よろしかったら一度メールにてお問い合わせ下さい。


◎質問
会員Aは月額3万円ですが、これは、毎月約60〜90分程の面談付きとのこと・・・。しかしながら、通常の面談相談料が「31500円」で90〜120分の相談になっています。毎月31500円の相談を申し込んだ方が特だと思うのですが・・・?

<回答>
 はい、そういうご意見もごもっともです。何しろ1回の面談“時間”を重視という方には、必要な時に通常の面談相談「31,500円」をお申込み下さい。但し、当然ですが、継続してのアドバイスはできませんし、会員限定のサポートやプレゼントを提供することは一切しません。重要なのは、毎月短時間でも、私と会うことによって、定期的に資金調達のことを考える時間を作って欲しいのです。31,500円の単発相談でも結構ですが、これを毎月利用される可能性はかなり低いでしょう。それなら、是非、会員A(30,000円)になって、毎月の定期面談相談やその他のサポートを最大限利用して欲しいと思います。
 また、実際のご支援をさせていただく場合は、会員様を優先します。私一人でサポートをしますので、限界があります。あらゆるサポートの最優先は会員様です。



◎質問
会員Aを希望しています。相談場所はどちらになりますか?当社まで来てくれるのでしょうか?また、日時等は指定でしょうか?

<回答>
 相談場所は、こちらの指定場所になります。これまでは、JR品川駅、新宿駅などホテル等のラウンジ、又は、都内の会議室などを利用しています。尚、当方から、会員企業のもとへ足を運ぶことはしておりません。原則として、こちらから足を運ぶのは“顧問先”だけになります。なるべく多くの企業様に直接のアドバイスをしたい・・・という思いを込めて、このような会員制度をはじめました。効率を図るためにも、こちらの勝手な都合で申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。
 また、日時については、なるべく会員様の要望に応じています。しかし、会員A様が多くなった場合は、相談日時の指定をさせていただく場合もあります。(なるべくそうならないように会員数を制限するようには致します。)
 また、もし悩み事があれば、先ずはEメールを下さい。メールで解決できることはなら、それで解決しましょう。もちろん状況に応じて電話等でもサポートしますよ。ご安心下さい。そういうことは一定のルールを保ちながらも臨機応変に行いたいと思います。



◎質問
私は、資金調達マニュアルシリーズを購入していますが、何か割引等はないのですか?

<回答>
 大変申し訳ございませんが、一切その予定はございません。



◎質問
私は、将来、IPO・株式公開を目指しています。そのようなサポートはないのですか?

<回答>
 具体的に、“IPO会員”のような枠を設けていませんが、本会のサポートメンバーには、IPO・IRコンサルタントの第一人者である福田総合研究所の福田先生がいらっしゃいますので、今後、定期勉強会において講師をして頂く予定です。将来の株式公開に向けて、今のうちに本会をチャネルとして福田先生とのパイプ作りをしておくことをお勧めいたします。(ちなみに、通常、福田先生の講演に参加すると、3万円〜5万円の料金ですし、相談料も通常はそれくらい必要になります。)



◎質問
定期勉強会の内容についてもう少し細かく教えてください。

<回答>
 定期勉強会は、一方的なセミナーではなく、なるべくフリーディスカッションを交えながら行いたいと思っています。最少人数は3名、上限でも15人くらいを予定しています。あまりにも多くの人数だと勉強会になりませんので、参加人数は多くても15人までと限定いたします。
 場所は10人以内ならJR田町駅から徒歩5分の会議室を利用する予定です。(これは私が所属しているインブルームLLPでも利用させて頂いている会議室です。) また、それ以上の人数の場合は、都内の適切な貸し会議室にて行っています。
 また、原則として会員限定ですが、非会員の方も参加できるようにOPENセミナーとして開催する場合もあります(非会員は有料)。
 次に具体的な内容についてですが、その中心は当然、“資金調達”です。銀行融資、公的融資、信用保証協会、補助金・助成金、ノンバンク、ベンチャーキャピタル、そして、グリーンシートを含む株式公開について、ポイントを絞って勉強をしていきましょう。また、マーケティング、インターネット活用、リスクマネジメント、保険ファイナンス、人事労務、中小企業施策(公的支援)、創業・起業などについても勉強をしていきます。講師についてですが、私(吉田)が中心に行いますが、必要に応じてその分野のスペシャリストに講師を依頼する予定です。


ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ!



資金調達を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2007 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。