資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 資金調達 融資 等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 不動産担保融資 について・・・。




 資金調達 の全体像について

 様々な金融機関、ノンバンクさんが不動産担保融資を実施しております。

 特にノンバンクさんが盛んに行っております。

 ここである金融機関の不動産担保融資等の概要についてご説明しましょう。
 内容は、タイムリーに多少変更しているケースもありますので何卒ご了承の程・・・。


<サービスの利点>

@結果が早い
 最短23区内ですと5営業日程度で融資可能。

A融資の可否や融資額が明瞭
 不動産評価を基準に短期(2年〜5年)で80%、長期(15年)で70%が融資可能額で、既についている抵当権が評価額超えていなければ、他の懸念材料には関係なく、上記掛目で融資実行される。評価は通常一両日で出るので融資の可否がすぐにわかる。またこの評価額と現地確認後の評価額との差異がほとんどない。

B不動産の買取も可能
 当社の既存事業が不動産の販売なので、今までのファイナンス会社よりも好条件で買取が可能。既存金融機関とトラブルになっている物件の再生や債務整理が可能。

C融資期間(最長15年)と金利(6〜8%)によりキャッシュフローの改善が可能
 今までのノンバンクによる純然たる不動産担保ローンの金利水準よりも低く、条件によっては2年間の元金返済の据置が可能なため、キャッシュフローの改善ができる。

D大型案件にも対応可能
 良質な物件であれば、10億円以上も可能なので、複数の物件の高額な借入金の一本化にも対応できる。ただ、残念なのは、現時点の物件の対象地域が東北から関西までで、北海道や九州、中国、四国ができないことです。ただ暫時、対象地域は広がるもようです。


(1)ビジネスローン

 金額ですが物件によっては10億円以上可能です。


(2)ノンリコースローン

 物件以外の返済義務を負わないノンリコースローンのご案内です。100%物件主義でお客様の信用力に依存しないため、幅広いお客様にご利用いただけ、このローンのために新たに設立された特定目的会社に融資されるため、不動産のオフバランス化ができ、減損会計による自己資本率低下の防止にもなる、最長25年の長期返済が可能な融資です。なおこの融資には、不動産評価額の15%程度の出資、特定目的会社設立費用と、100万円程度のイニシャルコスト(不動産鑑定費用、エンジニアリングレポート作成費など)が必要です。


※他社に対する優位ポイント

@お客様の出資額は通常15%、良質な23区の高収益物件の場合は5%と出資比率が低くても可能。

A実行まで3〜4週間と早い。

B融資額が1億円からで、小額物件にも対応可能。上限は基本的にないので、大型物件の購入にも利用可能。

C融資までに必要となるイニシャルコストが既存各社よりも安価。融資額5億円規模で約100万円程度。

※ご利用にあたって
 この他リース、売掛金の流動化などにも対応可能だそうです。


 さらに深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →資金調達 トピックスへどうぞ。
   →もう一度「融資の種類は?」のページへ
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。