資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 資金調達 融資 助成金等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 1000部突破! 「 資金調達 ウソホント」(特別編集版)をプレゼント!




 資金調達 ウソホント! 融資 などの知識を身に付けてください。 

 こんにちは。MBSの吉田です。

 アクセスして下さったあなたはとてもツイています。

 ここで紹介させて頂く 資金調達 レポートは、意外と知られていない現場叩き上げの資金調達・融資のノウハウが書いてあり、その知識を“無料”で差し上げます。

 この 資金調達 融資 のレポートでお話している内容は、単なるパンフレットやビジネス書などの寄せ集めではありません。私が 資金調達 融資 の探求を始めて約7年間で培った知識、また、全国600社〜の支援実績を元に経験を重ねたノウハウをまとめたものであり、単なる資金調達 融資 助成金 等の制度紹介に終わるようなパンフレット的なものではないのです。


   すべて、現場叩き上げの 資金調達 融資 助成金 など実務ノウハウです


 多くの方に、このレポートを読んでいただき、資金調達 融資 の現場叩き上げ実践「基礎知識」を身に付けていただくのが目的です。

 あなたは、興味を持って下さいました・・・? 

 これまで既に、全国約1000人(社)の方がこのレポート請求してくださっています。あなたも乗り遅れないでくださいね。


 ところで、あなたは 資金調達 や 融資 の関連ビジネス書を読んだことがありますか? 


 それで解決したのでしょうか? 

 恐らく、その資金調達 、 融資 の関連ビジネス書は、
 机上の理論ばかりで不満が残った? 

 どれを読んでも同じような内容ばかり? 

 単なる資金調達 融資 の制度の紹介だった? 

 市販の資金調達 融資 のビジネス書では満足するような知識を
 得られなかったのではありませんか?


 だから当サイトを訪れて下さったのですよね?!
 そんなあなたに当レポートを差し上げたいと思います。

 私が自分の足で身につけた知識は、単なる机上の話ではなく生きた資金調達 融資 のノウハウです。国民生活金融公庫や信用保証協会等からの資金調達・活用方法、つまり公的融資について、そして、銀行融資について、補助金・助成金について、ノンバンクについて、その他最低限知っていただきたい資金調達 等について具体的にレポートしています。

 たとえば、中小企業の資金調達は「融資」だけで賄えるわけではありません。

 そのうち、公的融資だけでも対応できません。銀行のプロパー融資も検討しなくてはならないのです。その公的融資も一体どれだけの数があるのかご存知ですか?そして、補助金・助成金による資金調達という手法だってあります。

 中小企業にとっては、資金調達 融資 助成金は、総合的、且つ戦略的に活用していく必要があるのです。どれか一つだけの知識ではダメなのです。

 ご理解下さいましたでしょうか??


 そういう私も当初は、資金調達 融資 助成金のことは良く知りませんでした。約7年前くらいには、「信用保証協会の保証限度額って何? 融資 してくれるの?」と信用保証協会に電話して聞いていたくらいでしたから。

 私のコンサルタントとしての出発は、「流通コンサルタント」です。
 フランチャイズシステムや小売店等の専門家です。

 当時、私のクライアントが、マーケティング上の悩み以上に 資金調達 に非常に悩んでいました。その時、私は「税理士さんに聞いてみたら?? 税理士さんがそういうことを教えてくれるのでしょ??」と尋ねたのです。

 後から分かりましたが、よくよく考えると税理士さんは税務の専門家だったのです。

 その後、ある社長と一緒に、様々な 資金調達 融資 の専門家に相談したものです。しかし、どの先生も中小企業に必要なトータル的な 資金調達 のアドバイスはしてくれません。社労士の先生は「厚生労働省」の助成金による資金調達方法、元銀行員の先生は「銀行」対策、及び融資による資金調達方法、保証協会出身の先生は「信用保証協会がらみの制度」についてだけのアドバイスだったのです。

 しかし、中小企業経営者が知りたいのはこれらの制度をいったいどのように活用して資金調達を成功させるのか?ということですよね?

 それから、私は、書店で 資金調達 融資 助成金 関係の書籍をある限り購入し、関連のセミナーに参加して、さらに銀行、信用保証協会、国民生活金融公庫、中小企業事業団(現「中小機構」)などに足を運び、そして、執拗に電話をして聞きまくったのです。もうどこに行って、どこに電話したか忘れてしまいました・・・。

 今考えてみると、近くだった某都市銀行に電話して、「融資ってしてくれるのでしょうか?」、「信用保証協会って何ですか?」など、尋ねていました・・・。さぞ迷惑だったことでしょうね。

 今、あなたが読もうとしている 資金調達 融資 助成金 レポートは私がこのようにして膨大な時間と労力、お金を使って蓄積した実践ノウハウです。多くの失敗も繰り返しながら身につけたノウハウです。

 これが如何に貴重なものかご理解して頂けますね?

 だからこそ、実践に役に立つのです。


 但し、注意点が一つあります。

 このようにして身につけた知識です。もしかしたらあなたは非常に何か違和感のようなものを感じるかもしれません。なぜならば、多少、非常識的な知識もそれには含んでいるかもしれません。

 私には、当初、金融や 資金調達 融資 助成金 の常識なんて持っていませんでした。ゼロからのノウハウ蓄積です。よって、従来のそれとは違和感を感じるかもしれません。それを事前にご報告しておきます。


 さて、あなたは、当レポートに興味をもって頂けたでしょうか?約7年間で、600社、20億円の資金調達を成功させた 資金調達 融資 助成金 ノウハウの一部が無料が読むことが出来るのです。

 私は、本当に「このレポートを読んでみたい」と思う方だけに差し上げたいと思っていますから!


●まだ決心のつかないあなたへ・・・

 あなたにクイズを出しましょう。以下の文章で『正しい』ものはどれでしょうか?これらの質問は、 資金調達 融資 助成金 関連のビジネス書や関連雑誌、各種行政のパンフレット等に記載されている内容でもあります。


 1.現在、無担保・無保証制度は、たくさんある。
   それも非常に利用しやすくなっている。
 2.政府系金融機関と民間金融機関、同時に融資申請は
   できない。
 3.融資の相談は、政府系金融機関と民間金融機関、
   どちらでも気軽にしても良い。
 4.サラ金からお金を借りていると公的融資を受ける
   ことはできません。
 5.商工ローンやサラ金に手を出すと、もうその会社は
   倒産です。
 6.ブラックリストに載ったら、融資を受けることは
   できません。
 7.補助金・助成金は、どのようなケースにおいても、
   返済不要の資金です。
 8.人件費の補助をしてくれるのは、厚生労働省管轄の
   制度だけです。
 9.補助金・助成金は、後払いだから資金繰り対策には
   不適切である。
 10.中小企業の資金調達方法は、「融資、補助金、投資」
   だけである。


 どうですか?どれが正しいとも思います?回答は、基本的に全て「NO」です。正確に言うと、「どの文章も必ずしも正解ではない」のです。「資金調達のウソホント(特別編集版)」では、これらの疑問に回答します。

 また以下に当レポートの目次構成についてご説明しましょう。全25項目(45ページ)です。これに回答できる方にとっては必要ないということになりますね。


●資金調達ウソホントの目次構成について

1.無担保・無保証人の公的融資はたくさんあります!?
2.自己資金は、申請額の1/2が必要です!?
3.政府系金融機関と民間金融機関の二つの公的融資を同時に利用することはできません!?
4.融資の相談は、政府系金融機関と民間金融機関のどちらでも構いません!?
5.経営状態のよい金融機関に融資を申し込んだほうがいい!?
6.金融機関は、あなたを「容姿」や「見た目」だけでは判断しません!?
7.サラ金からお金を借りていると公的融資を受けることができません!?
8.商工ローンやサラ金からお金を借りるとその会社は、いずれ倒産します!?
9.ブラックリストに載ったら、公的融資を受けることはできません!?
10.代理店として創業するより、フランチャイズで創業した方が金融機関はお金を貸してくれる?
11.融資が返せなくなったら、もう破産するしかありません!?
12.保証人は金融機関に取り立てられたら、もう逃げられません!?
13.事業計画書は必ず必要ですか?
14.銀行との付き合い方を教えて下さい。
15.ビジネスローンのコツってありますか?
16.そもそも補助金・助成金って何?
17.補助金・助成金は、本当は国に返済しなければならない資金である。これって本当?
18.人件費の補助・助成をしてくれるのは、厚生労働省系の助成金である!これって本当?
19.資金繰りが厳しい時は、補助金/助成金を利用しよう! これって本当?
20.私が申請の支援すると、99%のクライアントが助成金を獲得しています!?
21.法律承認とは? 補助金・助成金がくっついてくるの??
22.どうやって申請書を作成すればいいの?
23.どうやって申請書を作成すればいいの?(2)
24.どうやって申請書を作成すればいいの?(3)
25.融資・助成金以外、中小企業にできる資金調達方法はない!?



●請求方法について

 それでは、「資金調達のウソホント(特別編集版)」を以下の要領で請求して下さい。


 1.下記をクリックして頂き、請求ページからお申し込みくださいませ。
   ご希望のレポート名をお知らせください。
   また出来れば、FAX、又はお電話番号もお知らせ下さい

    →お申し込みはこちらから

 2.ダウンロードのURLとパスワードをお知らせ致します。
   どうぞご自由にダウンロードして下さい。
   自動返信ではないので、少々お時間を頂くこともございます。
   また、ご意見等がありましたら、どうぞご記入ください。
   必ず返事いたします!!


<御願い&ご報告>
 また、お電話番号、FAX番号、御住所をお聞きするのは、たまに、頂いたメールアドレスに送信してもエラーで戻ってきてしまう場合があります。そういう場合にこちらからお問い合わせさせて頂くためです。何卒ご了承くださいませ。


<お知らせ>
今後、頂いたメールに資金調達情報、新商品情報、各種宣伝等を配信させていただく場合があります。もし、必要なかったら、「必要がない」と返信を下さい。





 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。