平成23年6月10日


〜6月8日開催の東日本大震災チャリティー講演会のご報告〜


 6月8日開催の「東日本大震災チャリティー講演会」ですが、無事、終了いたしました。多くの方に御参加して頂きまして、誠に有難うございました。この場を借りてあらためて御礼申し上げます。本日(6月10日)、日本赤十字社に募金して参りました。下記にて詳細をご報告させて頂きます。


・6月8日講演会の様子

 ・福田 徹 先生                       ・寺内 正樹 先生
 

 ・赤沼 慎太郎 先生                     ・吉田 学(司会)
 



・募金について

 この度、参加料+募金で「76,000円」になりました。会場費が「25,200円」でしたので、この差額である
「51,000円」を日本赤十字社に寄付させていただきました。依頼主の名称ですが、私(吉田)の勝手な判断で、「吉田学 6.8東日本大震災復興災害チャリティー講演会 参加者一同」とさせて頂きましたことをご報告させて頂きます。

 下記、画像にてご確認ください。


     <振込み用紙>
      


     <いざ、郵便局へ>
      


    <無事、振込み終了いたしました。>
      



・あらためて御礼・・・

 この度は、御参加くださった皆様のお陰で無事、募金することができました。本当に本当に有難うございました。少しでも、この募金が被災地のお役に立てることができれば嬉しいですね!! また、私たちもがんばりましょう。被災地以外にいる私達ががんばることも日本の復興に繋がると信じております。


 それでは、皆様、有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。





 ・東日本チャリティー講演会は、主催:吉田学、共催・協力:福田徹、寺内正樹、赤沼慎太郎によって開催いたします。

・6月8日T's 渋谷フラッグにて「東日本大震災チャリティー講演会」を開催いたします。
・この震災後に、零細・中小事業者が生き残るためのヒントになれば幸いです。


 皆さん、こんにちは、吉田学でございます。さる3月11日に東北を中心に東日本大震災が発生いたしました。この度の東日本大震災により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 上のバナーは実際の被災地の写真です。「震災の写真をバナーに使うなんて不謹慎だ!」と叱られそうですが、この現実を私たちは再認識する必要があるだろうと思いまして、あえて使用させて頂きました。何卒、ご理解して頂ければ幸いです・・・

 私ごとの話しで恐縮ですが、3月11日当日は、外出しておらず自宅にいました。あまりにも大きな揺れに正直、恐怖を感じました。
 
 私の地元は地震直後に停電し、夜の10時頃まで電気が点かず、正直、不安でしたが、復旧後、テレビで知った東北地方の実情は、もう言葉に出来ないほどでした・・・。
 
 私は、翌日からメルマガなどを使ってお客様への情報配信を行いました。「この震災の影響は全国規模で拡大する。リーマンショックのこの震災は、財務基盤が脆弱な零細・中小事業者にとっては正直辛い・・・」と思いました。(もちろん、東北で被災された方の中にはお亡くなりになった方もいて、関東以西にいる私達とは比較にならない程の苦しみ、辛さだと察しております。)
 
 今、私に出来ることは何か?と考えた時、私の専門は「零細・中小事業者向けの資金調達・資金繰り」ですので、その分野でできる限りのことをしようと思いました。何しろ、国・行政、関係団体、自治体などから公表されている金融情報についてタイムリーに伝えることを心がけました。

 そして、次に、やはり、募金をしようと思いました。しかしながら、時が経過しても東北地方の復興は、全く目処すらつきません・・・。同時に、関東エリアにおいても零細・中小企業の倒産のニュースなどを耳にするようになりました募金箱に募金するくらいしかできない自分に対して、情けなく思ったほどです

 人も40歳を過ぎれば、
何か世の中のためになることをしたいと思うものですよね(ちなみに私は43歳になりました・・・)。

 被災地の悲惨な状況をテレビで見ながら、「そうは思っても・・・、私に募金以外に、一体何ができるのだろうか?(何もできないなあ〜)」と無力ささえ感じました。

 そんな時、テレビで歌手やアーティストの方々が、チャリティーコンサートを開催したり、スポーツ選手がチャリティー試合を開催しているのを知りました。そういうのを見て、「そうだ、チャリティーセミナーをやってみよう!」と思いついたというのが経緯です。

 今回の震災では、全国的な間接被害も甚大です。私の知識がきっと役に立つはずだと思いました。それを、皆さんにお伝えして、募金をしてもらってそれを寄付すれば・・・、同じ募金でも多少なりともプラスアルファで世の中の役に立つかもしれない!と思った次第です。

 しかしながら、そうは思っても、私一人が思いついても何の進展もありません・・・。

 そんな時、行政書士の赤沼慎太郎先生に声を掛けたところ、「是非、一緒に企画しましょう!」と言って頂き、さらに、福田徹先生、寺内正樹先生のお二人からも「やりましょう!」と賛同して頂きました。
(ノーギャラで快く引き受けてくださいました。)

 今回のチャリティー講演会においては、この3人の先生にお話しして頂きます!(私は司会をやらせて頂きます。)  今後、零細・中小事業者が生き残るための方策をこの3人の先生がお話ししてくださいます。

 皆さん、「今後の日本経済はどうなっていくのだろうか?どうやって生き残ればいいのだろうか?」、「今後、売上・利益が厳しそうだけど、社員の雇用をも守れるのだろうか?」、「今後の資金繰りや資金調達はどうやって対応していけばよいのだろうか?」・・・など、様々な悩みや不安を抱えていませんでしょうか。


この講演会の具体的な内容について

 今回の講演会では、今、零細・中小企業の社長さんたちが、まさに
「今、知りたいこと!」を中心に、講師の先生方にお話しして頂きます。

 私は、リーマンショック後、何とかがんばってきた社長さん達をたくさん知っています。そして、今回の震災です・・・。被災地でない私達は、何としてでもがんばって生き残らなくてはいけないと思います。そうでなくては、日本は本当に沈んでしまいます

 被災地では、事務所や会社が津波に流されて、仕事がしたくてもできない事業者の方がたくさんいらっしゃいます。その方々の分まで、私達はがんばらなくてはいけないと思います。皆さんには生き残るための今後の方策・方向性について、この講演会で知ってほしいのです!!

 第一部(基調講演)の
「福田徹」先生(福田総合研究所代表取締役)には、「日本経済の行方」、「今後の日本企業が生き残る方法」についてお話しして頂きます。大きな視点で、今後、日本がどうなっていくのか?どうやって日本企業は生き残っていけば良いのか?というマクロ的な視点のお話しをして頂きます。

 野村證券時代から、世界・日本の経済を追っかけてきた洞察力は、きっと皆様の多くのヒントを与えてくれるはずです!! 中小企業の社長さんにも、少しでもこういう視点を持って欲しいと感じています。

 第二部の
「赤沼慎太郎」先生には、「今後の資金繰り及び資金調達」についてお話して頂きます。多くの社長さん達が、「このまま震災の影響が続けば、今後の資金繰りはどうなるんだろう・・・」と不安を抱いているのではないでしょうか? その点について、資金繰り・資金調達・事業再生の赤沼慎太郎先生にレクチャーしていただきます。是非、これを機会に、現在の資金調達施策や具体的な対策について知っておいてください。知らないと損することがたくさんありますよ


 第三部の
「寺内正樹」先生には、「今後の人事、労務について」お話しして頂きます。多くの経営者は資金の悩みだけではなく、同時に、「今後の雇用はどうなるのだろうか?売上・利益が確保できずに、どうやって雇用を維持していけばいいのだろうか?」と悩んでいるのではないでしょうか・・・。今後、経営者が雇用対策について知っておくべきこと、また厚生労働省から公表されている助成金の活用方法などについて、寺内正樹先生にレクチャーしてもらいます。



この講演会に是非参加して頂きたい方は・・・

 今回の講演会に是非とも参加していただきたい方は次のような皆様です。

   ・零細事業者さま
   ・中小企業の社長さま
   ・零細・中小企業をサポートしている「会計事務所(税理士、会計士)」の先生方
   ・零細・中小企業をサポートしている「司法書士」の先生方
   ・零細・中小企業をサポートしている「中小企業診断士」の先生方
   ・零細・中小企業をサポートしている「社会保険労務士」の先生方
   ・零細・中小企業をサポートしている「行政書士」の先生方
   ・零細・中小企業をサポートしている「士業」や「コンサルタント」の先生方
   ・この
講演会の主旨に賛同してくれて募金をしてもよい!と思ってくださった方

   など

 是非、皆さん、知り合いや友人にも声をかけて御参加ください。
 よろしくお願いいたします!!



私達から皆さんにお願いがあります!!

 このWEBページでウンチクをダラダラ述べたり、ライティングで皆さんの気を引こうとは思いません!! 是非、皆さん、お友達やお知り合いの方にも声をかけてこのチャリティー講演会に御参加ください!!


 今回の講演の参加費ですが、
総額「3,000円」とさせて頂きます。ここから会場費を差し引いた全額を寄付いたします。もちろん講師報酬等も頂きません。(内訳のイメージは、「1,000円」“参加料”、「2,000円」“募金”に割り当てられるとご理解ください。)

 参加料の「1,000円」に関しましては、事前の“指定口座への振込み”になります。募金の「2,000円」に関しましては、当日、
こちらで用意する“募金箱”にお入れくださいませ。(私達、講師も募金します!!)

 
尚、募金の際は、何卒、お釣りのないようにご用意してくださると幸いでございます。

 今回、「30人」を目標としていますので、「30人×2000円」=
「60,000円」(目標額!)の募金をすることができます(30人満員御礼の場合・・・)。何卒、ご協力の程よろしくお願いいたします。また、2,000円以上の募金も心から感謝いたします!! (※尚、1,000円の参加料については、会場費に充当させていただきますので、何卒、ご了承くださいませ。)


 後日、その募金に関しては、日本赤十字社に責任をもって寄付(振込み)いたします。また、寄付した経緯については、このWEBページ上で後日、ご報告させて頂きます。



講師の先生方を紹介いたします!!

 最後になりましたが、今回の豪華な講師の先生方のプロフィールをお知らせいたします。皆さん、その分野の専門家です。スペシャリストです。是非、この機会を逃すことなく御参加ください。そして、先生方とのご縁・人脈を積極的に作ってください。困ったときに相談できる専門家となるべく懇意にすることが生き残る最善の方法の一つかもしれませんね!






  <福田先生の近著>
 
福田 徹 先生  株式会社福田総合研究所 代表取締役

<略歴>
 大阪府出身、早稲田大学法学部、山西大学(中国)短期留学、野村證券、英国野村證券(1985~1989) にて、英国ビッグバン対応業務、海外業務企画部にて海外の現地法人設立など大蔵省証券局との交渉、野村IR出向(上場、未上場企業にIRコンサルティングを実施、コンサルティング企業173社アドバイス企業791社)。
 1999年4月よりソニー生命、新人賞入賞、スペシャルライフプランナー認定、MDRT(Million Dollar Round Table)基準達成(MDRTとは、全世界生命保険営業職の毎年業績トップ6%のメンバーで構成され、本部は米国シカゴ。メンバーは、相互研鑽と社会貢献を活動の柱とし、顧客のために最善の商品、知識、情報等を提供する) 。
 2005年5月 兜沒c総合研究所創業、数社の社外監査役兼任。

<主な資格等>
 豪州私立ボンド大学MBA、國學院大學兼任講師、関東学院大学非常勤講師、豪州公立マードック大学客員講師、英国ウエールズ大学第三者評価委員。
 ファイナンシャルプランナー(CFP)、英語検定1級、宅地建物取引主任者、日本証券アナリスト協会検定会員、中小企業組合士、東京商工会議所会員、アマチュア無線4級、日商簿記2級、生命保険アドバイザー協会会員、生命保険面接士、日本ファイナンシャルプランナーズ協会認定講師、全国経営者団体連合会アドバイザー、損害保険販売資格、証券外務員資格、DCプランナー2級。

<主な著作>
 「インベスターリレーションズ」(CFO協会)、「リスクマネジメントとIR」(日本リスクマネジメント協会)、「個人投資家向け証券投資のテキスト」(証券広報センター)、「なぜ会社の資金繰りが悪くなったのか?」(税務経理協会)、各社のマネー雑誌の金融関連記事など






 <寺内先生の近著>
 
寺内 正樹 先生  行政書士・社会保険労務士

<略歴>
 1974年、神奈川県出身。湘南高校、慶應義塾大学法学部卒業。
イベントディレクターを経て、2002年、28歳で行政書士事務所を開設。 誰にでも理解できる絶対的な「わかりやすさ」と自分自身の経験から培った「本音」のコンサルティングで、多くの起業家の独立開業・会社設立などを支援する。
 2005年、クライアントのニーズに、より幅広く応えるため、社会保険労務士の登録を行なう。「日本中の社長を“暇”にする」という志の下、経営者がより自由な時間を得て、会社と社員を効率的に成長させられるルールや仕組みの作り方をサポートしている。
 他士業・異業種との豊富なネットワークを構築する中で、多くの企業の「最初の相談窓口」としてのポジションを確立し、「起業」から「企業」に変化していくための戦略を多くの経営者・ビジネスパーソンに伝え続けている。
 2010年、株式会社シリウスを設立し、代表取締役に就任。日本企業の中国進出をサポートし、日本の国際的地位の向上にも意識を向けている。

<著書など>
 著書に「個人事業のままでは損!会社にするとゼッタイ得する!」(かんき出版)、「仕事のあたりまえは、すべてルールにまとめなさい!」(クロスメディア・パブリッシング)、「どこから読んでもわかる!10歩先行く中小企業のための新会社法実践活用術」(ソシム)、「Pマークを取ろう!個人情報保護法Q&A」(エクスメディア)がある。






  <赤沼先生の近著>
 
赤沼 慎太郎 先生 行政書士・日本事業再生士協会認定ATP

<略歴>
 1978年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。専修大学卒業後、大手アパレル会社に就職。
 2004年10月に26歳で地元茅ヶ崎にて行政書士赤沼法務事務所を設立し独立開業。事業再生支援と起業支援を中核に事業を展開し、資金繰り指導、資金調達サポートなど、起業家、経営者の支援を精力的に行っている。
 行政書士としては数少ない事業再生の専門家。そのコンサルティングは分かりやすく実践的な指導と定評がある。
 全国の中小企業に経営コンサルティングを行うほか、講演、執筆活動なども積極的に行っている。

<著書>
 著書に「銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな! 」「はじめての人の飲食店開業塾」「そのまま使える契約書式文例集」(全て、かんき出版)がある。






東日本大震災復興チャリティーセミナー」開催の概要について
  ・日時:平成23年6月8日(水曜日) 18時20分〜21時00分(18時00分開場)
  ・場所:東京都渋谷区宇田川町33番6号Shibuya Flag 8F
        T's 渋谷フラッグ 8H会議室
  ・地図:こちらをクリックしてください。(JR渋谷駅徒歩5分)
  ・人数:約30名(申込み順で締め切ります。)
  ・参加費:
1,000円指定口座に事前振込み
  ・寄付金:
2,000円当日、当方で用意する募金箱に寄付をお願いいたします。
       ※
寄付金については、お釣りのないように何卒よろしくお願いいたします。
  ・講師:
   福田徹先生(株式会社 福田総合研究所 代表取締役)
   寺内正樹先生(株式会社シリウス、シリウス総合法務事務所 代表)
   赤沼慎太郎先生(行政書士赤沼法務事務所)
   司会進行:吉田 学
  ・当日のスケジュール
     18:00〜      開場
     18:20〜18:30  挨拶 吉田 学
     18:30〜19:00  第一部:基調講演 福田徹先生
     19:00〜19:45  第二部:赤沼慎太郎先生 講演
     19:45〜19:55  休憩
     19:55〜20:40  第三部:寺内正樹先生 講演
     20:45        終了


   >>講演会のお申込みはこちらからお願いいたします。





資金調達を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2007 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。