資金調達 銀行融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 銀行融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |

 資金調達・融資用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS
 ・資金調達情報を連載!!


資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 公的融資 1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 公的融資 2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 銀行融資 1
 ・銀行融資とは?
 ・プロパー融資とは?
 ・ビジネスローンとは?

資金調達 銀行融資 2
 ・格付けとは?
 ・クレジットスコアリングとは?
 ・銀行融資攻略法

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資

     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

サイトマップ
 資金調達 銀行融資 公的融資 等に関するあなたの悩みを解決します!

   もしあなた様が、国民生活金融公庫攻略ノウハウばかりでなく、自治体制度融資
  (信用保証協会)の開業融資に関する知識も同時に身に付けたいと思っていらっしゃる
  のなら、『創業資金攻略マニュアル』がお役にたてます。
   「創業資金攻略マニュアル」は、分かりにくい公的融資制度について、専門用語を
  なるべく使わずに初心者にも理解できるように解説しています。起業家ばかりでなく、
  起業家を支援している士業の先生たちにも貢献できるテキストです。



 開業融資は、国民生活金融公庫と自治体制度融資で調達する!!

 皆さん、こんにちは。資金調達コンサルタントの吉田学と申します。このページからアクセスしてくださった方は、私が一体誰なのか分からないと思いますので(笑)、よろしかったらこちらのプロフィールページを参考にしてくださいね。


 開業融資を申請される方の多くは、国民生活金融公庫に申請されることでしょう。

 しかしながら、もし国民生活金融公庫から開業融資の調達ができなかったらどうしますか?そういう場合は、以下のような方法がありますので、総合的に判断して下さい。


   1.自治体制度融資の開業融資制度に申請を検討する。
    (信用保証協会の保証付融資)
   2.銀行プロパーの開業融資に申請を検討する。
   3.ノンバンクの融資に申請を検討する。
   4.助成金も検討する。



 特に、これから起業されるあなたにとって、(国民生活金融公庫の次に)最も重要なのは、1の「自治体制度融資」です。これは信用保証協会と自治体、金融機関が三位一体となって開業融資支援をするものです。

 起業家にとって、最も重要な開業融資に関する知識は、


    1.国民生活金融公庫の開業融資制度について。
    2.自治体制度融資の開業融資制度について。


の2点です。これらの基礎概要は、創業・開業融資攻略ナビにてご説明しています。是非、読破していただければと思います。


 さて、国民生活金融公庫から開業融資を断られたからといって、この「自治体制度融資」も無理である、ということではないのです。もちろん100%大丈夫であるということではないですが、可能性はあります。

 重要なのは、国民生活金融公庫で断られた原因・理由を明確にして、そして、自治体制度融資にチャレンジしてください。そうすれば、闇雲に申請するよりかは、可能性がアップするはずですよ。

 もし、あなたの起業に対する熱い思いを実現したいのであれば、国民生活金融公庫に断られたからといって、落ち込んでいる場合ではありません。他の様々な手法を総合的に検討してください。

 私が提唱している「資金調達のグランドデザイン」という考えです。

 また、創業時に(厚生労働省系の)助成金を受けられるのに“知らない”というだけで、貰い損なってしまった多くの起業家が現実にいるのです。今回、この創業資金攻略マニュアルでは、これらの助成金に関するご案内もさせて頂きます。(但し、申請レベルのノウハウではありません。)これらの最低知識を持って、社会保険労務士にご相談下さい。要件さえ合えば受給できる制度もあります。


 開業資金は、一先ず、国民生活金融公庫の開業融資を検討してください。そして、自治体制度融資制度、それにプラスして様々な手法を総合的に検討すべきなのです。


 あなたの疑問に答えます!!

 開業融資を申請する際に起業家の皆様が疑問や悩み等は、共通しています。どうやら以下の3点に絞られるのではありませんか?


   1.一体、どういう制度に申請すればいいのか?
   2.無事に審査に通過できるのかどうか?融資可能なのか?
   3.自己資金が少ない!無担保・無保証人制度を是非申請したい!



 これについて解説させて頂きます。



1.一体、どういう制度に申請すればいいのか?
 はい、その気持ちわかります。どうして日本の公的制度というものは、こうわかりにくいのでしょうか・・・?わざと分かりにくくしているように感じるのは私だけでしょうか。

 私は約10年間、資金調達コンサルティングを専業として全国の起業家を支援してきましたが、これには一つのセオリーがあります。

 難しく考えずに、以下の流れ(順番)を把握してください。


   1)
国民生活金融公庫の開業創業向け融資制度を検討する。
      ・新創業融資制度(無担保・無保証人制度)
      ・その他開業資金制度(保証人等が必要になる?)
   
   2)
自治体の制度融資(保証協会付き融資)を検討する。
      ・都道府県なのか?
      ・市町村区なのか?
       ※ともに無担保無保証人制度が用意されているかもしれません。
       ※メリット・デメリットをしっかりと把握する。
   
   3)
民間金融機関の独自の創業融資制度などを検討する。
      ・地元の地方銀行に問い合わせてみる。
      ・地元の信用金庫に問い合わせてみる。
       ※当然、メリット・デメリットをしっかりと把握する。
   
   4)
ノンバンク融資を検討する。
      ・必要資金全額を高金利ローンで調達してはいけない。
      ・一先ず、必要資金の2割程度を基準に検討してみてください。
       ※当然、メリット・デメリットをしっかりと把握する。
       ※自己責任において意思決定してください。
   
   5)
リースファイナンスを検討する。
      ・飲食、小売などの“箱もの”の場合は、リースにて設備資金の
       対応が可能な場合もある。
       ※当然、メリット・デメリットをしっかりと把握する。


 また、既にご説明していますが、助成金も同時に検討してください。貰えるかもしれない返済不要の資金です。逃しても駄目ですよ。

 この中でも起業家にとって最も重要なのは、「1」と「2」です。『創業資金攻略マニュアル』では、特に「国民生活金融公庫」、「自治体制度融資(信用保証付き融資)」の二つに重点を置いて解説しております


2.無事に審査に通過できるのかどうか?融資可能なのか?
 皆さん、きっと不安ですよね。最も皆さんが知りたいことでしょう。メール相談で一番多いご質問です。しかながら、大変申し訳ありませんが、これだけは、神様以外はわかりません。

 ただ一つこれだけはいえます。

 “知らない”ということだけで、大きな損をするということなんです。助成金のことだってそうです。もうこのHPを見てくださった方は、大丈夫だと思いますが、実に多くの起業家がもらい損ねています。

 また、国民生活金融公庫の創業計画書を見たことがありますか?詳しくは後ほど説明しますが、とても簡単そうです・・・。公表されている記入例をみると誰でも書けそうな気がします。しかし、これ通りに書いてもあなた熱い起業の思いは通じないようです。

 要は、無事審査に通過できるかどうかは、当たり前の話なのですが、申請してみなくてはわかりません。但し、申請する前に、正しい知識を身に付けてから申請した方がはるかに可能性が高い、ということは断言できます。

 少しでも融資の可能性を高めるには、正しい知識を身に付けて、できる限り抜けのない申請手順を踏むことです。万全な準備が必要です。そうすれば、おのずと、可能性はアップするはずです。

 学生時代に、何も試験勉強せずに学校の期末試験を受けても、やはり、よい点数はとれませんでしたよね(笑)?

 『創業資金攻略マニュアル』では、特に「国民生活金融公庫」、「自治体制度融資(信用保証付き融資)」の二つに重点を置いて解説しております


3.自己資金が少ない!無担保・無保証人制度を是非申請したい!
 これもメール相談で最も多いご質問です。きついですが、一つだけ言わせて下さい。自己資金ゼロ円で起業するのは無謀です。1円でも多くの資金を“貯金”して下さい。ゼロの方は、起業そのものの計画を見直すことをお勧めいたします。

 さて、自己資金ですが、これは一つの試練です。国もボランティアではありません。やはり自分で努力して自己資金を作った方には、何とかサポートしてあげたいと思いますよね。

 一般論としてしては、必要資金の1/2は準備しておくこと、と言われています。確かにそうです。1/2は理想です。しかし、この1/2が最も引っかかるシーンが『無担保・無保証人
』制度なのです。これについては、次にて詳しくご説明いたします。

 『創業資金攻略マニュアル』では、「国民生活金融公庫」、「自治体制度融資(信用保証付き融資)」に関する「自己資金」、「無担保・無保証人」の知識について詳しく解説しております


 現場実践セミナー。この二つは押えてください!!


 それでは、早速ですが、あなたが開業融資の申請をする際に知っているとお役に立つ話をさせて下さい。よろしかったら音声ファイルにてお付き合いください。


1.創業計画書の作成の仕方について

         ※【無料音声セミナー】ノウハウを音声にて解説しております。

吉田学からの音声解説です。
※MP3(約6分/2.85MB) 

 まずは以下をクリックしてください(国金さんHPにリンク)。

     ・国民生活金融公庫の創業計画書【記入例】(PDF版209KB)

 この創業計画書をさらっと見ていただくと、「あれっ、簡単だ・・・。これでいいんだ。こんなんで開業融資を貸してくれるのかあ〜」と思いませんでしたか?

 そう、私も当時購入した書籍がこの記入例に基づいて書かれており、この通り書けばOKであるという主旨でしたので、当時、ご支援していたお客様に「きっと、この通りかけば大丈夫。申請してみましょう」とアドバイスしました。

 そして、国民生活金融公庫との面談後に、お客様から連絡が入りました・・・。

      「吉田さん、こんな計画書じゃ駄目だといわれました。」

私は、ギョッとしました(笑)。

 「ど、どうしてだろうか?記入例を見ながら一緒に作成したのに・・・」。

 そのお客様は、国民生活金融公庫の担当者から、「あなたの熱意が伝わらないね〜」
とさらっと言われたそうです。そして、きちんと指導もしてくれたそうです。(今思うと、とても人間味のある丁寧な担当者だったと思います。)

 さて、あらためて、創業計画書を見てみると、全く言われたとおりの、熱意も何も感じない
無味乾燥な計画書だっと思いました・・・。

 はい、いとも簡単に私の常識的な知識は崩れ去ったわけです・

 たとえ専門外だとしても、コンサルタントとしてのリサーチ力のなさ、経験の無さ、何とも言いようの無い空しさ、情けなさ、そして、お客様に対して本当に申し訳なかったと強く感じました。(結構、別のケースでもこういうことが頻繁に続きました。本当に情けなく涙したこともあります。はっきり言って、当時はこの程度だったんですね。)

 確かに、記入例を見てみると
 創業の動機は?との質問に、

    ・夢だったから。
    ・近くによい店舗があったから。


 また、セールスポイントは?との質問に、

    ・婦人向けには・・・商品を提供。
    ・工夫をして入りやすい店作りをする。


 うーん、ちゃんと見てみると当たり前のことでした。この通りのトーンで書いては、駄目だかなあ〜と。本当だったらもっと強い動機やセールスポイントがあるよなあ〜と思いました。「近くによい店舗」がないと開業しないような弱い動機なのかな〜とも感じ取れます。(だけど、これは記入例なんですよ!!)


2.無担保・無保証人制度…、先ずはこれを知ってくださいね!!

         ※【無料音声セミナー】ノウハウを音声にて解説しております。

吉田学からの音声解説です。
※MP3(約10分/5.59MB) 

 まずは以下をクリックしてください。
 皆さんが興味ある「無担保・無保証人」制度についての現実をお教えします。

     1.新創業融資制度(→国民生活金融公庫にリンク)
     2.東京都<創業等支援>創業支援(創業)(→産業労働局にリンク)
     3.小企業等経営改善貸付(→東京商工会議所にリンク)

 1と2のHPを見ていただけると分かると思いますが、簡単には無担保無保証人で融資なんぞしてくれません。こういう現実をしっかりと理解して欲しいのです。

 必ず「自己資金」という壁があります。

 「あー、それくらい知っているよ」という声が聞こえてきそうですが、しかし、平気で自己資金が100万程しか無いのにもかかわらず、「国金さんから無担保・無保証人で750万円の融資を受けたい」と言う方がたくさんいらっしゃいます。

 当然ですが、私だって、無担保無保証人制度は素晴らしいと思っていますので、基本的にはお勧めしております。しかしながら、全員が無事、「無担保・無保証人融資」を受けられるということではないのです。

 いかがですか?もう既にご存知の事実だったかもしれませんね。しかし、知らない方にとっては驚きの真実ではありませんか?


 しっかりとした準備が重要です!


 創業融資に申請する際に、起業家が知って欲しい重要な基礎知識、ノウハウはたくさんあります。本文230ページ(資料編250ページ別途)の「創業資金マニュアル」では次のような現場実践のノウハウをスムーズに理解することができます。


  ・必要な知識は“基礎”です。その実践基礎知識がわかります。
  ・無担保・無保証人の創業、開業融資の実態を把握できます。
  ・自己資金がないときの、“見せ”金の“見せ”る方法。
  ・起業家が勘違いしやすい事業計画書について・・・
  ・面接で回答しにくい質問をぶつけられた時の正しい回避法。
  ・FCで開業する際の“短所”を“長所”に変える方法。
  ・これが成功事例!ケーススタディ「5」つのパターン。
  ・常識がひっくり返る!起業家の疑問を解決するの実践Q&A集。
  ・国金で利用しない方がよいかも・・・「信用保証協会」。
  ・レストランと宅配ピザ店。申請には大きな違いがあります。
  ・登記簿謄本の○○に○○を書かないで下さい。
  ・奥さんを社長にして申請しても良いケース、駄目なケース?
  ・たくさんある融資制度。素人でもわかる簡単選択方法について。
  ・お金を貸したい対象を明確にするとこんなことが分かりました。

  ・信用保証協会のいう自己資金と国金の自己資金は算定方法が違う?!
  ・信用保証協会は“確かなる保証人”と言われているが・・・。
  ・信用保証協会(自治体制度融資)の無担保無保証人の実態・・・。




 「創業資金攻略マニュアル」は素人からスタートして、毎年100人以上、これまでに20億円以上の資金調達に成功させた私のノウハウが詰まっております。但し、これを読んだからといって、必ず100%成功するというものではありません


                


 たとえば一例ですが、よく起業家の方から、「一度、国民生活金融公庫に断られていても、再度申請することはできるのですか?」というご質問を受けます。

 「公的融資制度は一発勝負である」というのが一般論ですが、そんなことはないと思います。これまでご支援させて頂いた起業家の中には、国民生活金融公庫に5回も6回も足を運んで開業融資の調達に成功した方もいらっしゃいますよ。(ご本人の、決して諦めなかった努力の結果だと思います。)

 しかしながら、やはり、一回断れた場合は、マイナス印象が残ります。それを払拭して、融資まで辿り着くにはやはりハードルが高いのです。それなら、最初からしっかりと準備をして申請した方がどれだけ有利なことか!!

 その必要な知識を「創業資金攻略マニュアル」(バインダー式:約230頁、資料CD約250頁)でお伝えします。



◆創業資金攻略マニュアルの目次構成について

第1章 公的資金調達に関する基礎の基礎 
  ■1.最低限の知識は身につけよう!
  ■2.これらのキーワードを覚えよう!
  ■3.資金調達の全体像。頭に叩き込む!
  ■4.資金調達のウソホント

第2章 知識編)国金融資の基礎知識
  ■1.公的融資とは何だろうか…?
  ■2.信用保証協会って何??
  ■3.無担保・無保証人融資のウソを暴く
  ■4.必要自己資金額のウソを暴く(自己資金の考え方)
  ■5.事業計画書は本当に必要なのか?
  ■6.ブラックリストの場合はどうするのか? 
     個人信用情報を調べる
  ■7.国民生活金融公庫の基本を押さえる! 
     この制度を押さえよう!

第3章 実践編)国金融資の申請方法
  ■1.国民生活金融公庫の申請方法
  ■2.国民生活金融公庫の申請方法(生活衛生資金貸付)
  ■3.フランチャイズ開業の場合の留意点

第4章 知識編)信用保証付き融資の基礎知識
  ■1.信用保証協会って何??
  ■2.無担保・無保証人融資のウソを暴く
  ■3.必要自己資金額のウソを暴く
  ■4.信用保証協会(制度)の裏事情… 
     こうして保証を勝ち取れ
  ■5.政府系金融機関と信用保証付き融資、
     どっちを申請すればいいのか?
  ■6.信用保証付き融資の基本を押さえる!

第5章 実践編)信用保証付き融資の申請方法
  ■1.信用保証付き融資の申請概要
  ■2.具体的な信用保証付き融資の申請方法

第6章 その他の注意事項…
  ■1.面接について
  ■2.フランチャイズ開業の場合の留意点

第7章 その他の資金調達方法について
  ■1.補助金/助成金の基礎知識
  ■2.お薦めの補助金・助成金(1)
     受給資格者創業支援助成金
  ■3.お薦めの補助金・助成金(2)事業化助成金
  ■4.ノンバンクについて

第8章 融資における実践Q&A
  ■1.創業融資の申請に関するQ&Aについて
  ■2.創業融資の申請に関する一般的Q&A
  ■3.国金申請に関する一般的Q&A
  ■4.信用保証付き融資申請に関するQ&A

第9章 事例編)国民生活金融公庫申請の実例
  ■事例1).装飾品販売
  ■事例2).書籍等複合店
  ■事例3).情報通信機器販売
  ■事例4).学習塾
  ■事例5).美容院

資料編CD (PDF版)全約250頁分
<資料一覧>
 企画書雛形、お持ちいただく資料、開業計画書、損益計画書雛形(MSエクセル)、借入申込書、推薦書交付願、従事証明書、信用保証委託申込書/契約書(東京)、信用保証申込書類等のチェックリスト、新事業創出関連保証、東京都創業計画書、金融検査マニュアル・パンフ、金融検査マニュアル・本編、金融検査マニュアル・別冊


 『創業資金攻略マニュアル』のご案内


1.価格について

 ・国民生活金融公庫攻略マニュアル(バインダー式:約230頁、資料CD約250頁)
   29,000円(税込30.450円)
    ※上記商品価格以外に、配送代引き手数料「1,600円」がかかります。
    ※当マニュアルは返品不可です。何卒ご理解くださいませ。
    ※「通信販売の法規に基づく表示」、及び「個人情報の取り扱い」につい



        
<国民生活金融公庫攻略マニュアルのお知らせ!!>

        価格:
19,000円(税込19,950円)

 国民生活金融公庫の開業融資に関する知識のみを知りたい、という方もいらっしゃるでしょう。
 そういうあなた様のために「国民生活金融公庫マニュアル」をご用意しております。

  ※詳細&お申し込みはこちらをどうぞ
   →創業・開業資金攻略ナビ(国民生活金融公庫マニュアル)


2.お申し込み方法について
 マニュアルのお申し込みの際は、「お申し込みページはこちらから」をクリックして頂きますと、申し込み(ショッピングカート)のページにアクセスいたします。何卒「注意事項」を、きちんとお読みになって、お申し込み下さいませ。
 
    「国民生活金融公庫」攻略マニュアルのショッピングカーとはこちら

       ※各種マニュアルご購入者様のご意見はこちらです!

3.小冊子の申し込み方法について
 また、このまま直ぐにダイレクトで、ご購入のお申し込みを頂いても結構ですが、ご購入を検討されている方、迷っていらっしゃる方のために以下の資料を揃えました。(直ぐにご購入下さる方もご希望により差し上げています。)

 ・小冊子 資金調達セミナー(64頁) PDF版(593KB)

 さて、この「小冊子 資金調達セミナー」は、 「資金調達の基礎知識」、及び「資金調達コンサルティングで稼ぐ方法」などの4部構成です。この「資金調達の基礎知識」は、「マニュアル」の該当箇所をそのまま転記しております。
 
 「資金調達コンサルティングで稼ぐ方法」は、この資金調達ノウハウを駆使してどのように月30〜50万円の収益を上げていくのか?について、士業、コンサルタント向けに「5つのポイント」をお話しさせて頂いております。

 経営者にとっては、「如何にこの資金調達ノウハウというものが価値あるものなのか」を理解して頂けると思います。全64頁です。それなりに読みごたえはあります。

 尚、このPDF小冊子は、ダウンロード方式になります。メールを頂いたら、ダウンロード先のURLをお知らせします。どうぞ、お気軽にご請求ください。

 なお、お名前と電話番号(FAX)等をお知らせの上、ご請求下さい。時折、頂いたメールアドレスに返信できない場合があります。その際は、お知らせ頂いていた電話番号やFAXに確認のご連絡を入れさせていただきます。

  →レポート請求はこちらから



          今回はさらに20の特典を用意いたしました。

※皆さんに是非とも成功して欲しいので、できる限りの特典・サポートを追加していきます。これらはご購入者様たちからのご意見を取り入れて随時追加しております。


1.無料サービス特典(音声セミナー、資料等)


   特典 1 ※マニュアルの第8章該当

   国民生活金融公庫、信用保証付融資Q&A 
    (必要に応じて随時追加予定!)


      日頃私が全国の起業家から相談を受けている内容をQ&A方式で
      回答していきます。これはマニュアルの第8章として添付しております。




   特典 2 ※マニュアルの第9章該当

   国民生活金融公庫の創業計画書の成功事例

      国民生活金融公庫に申請した
5つの成功事例の創業計画書を公開しております。
      これを参考に皆さん、ご自身の創業計画書を作成してください。
      必要に応じて追加を予定していますが、何でもかんでも追加する予定はありません。
      やたら数多くの事例を見てもそれはマイナスです。
      余計な先入観が出来上がってしまう可能性があるからです。




   特典 3 ※マニュアルの第9章該当 

   国民生活金融公庫の損益計画書の成功事例

      国民生活金融公庫に申請した
5つの成功事例の損益計画書を公開しております。
      これを参考に皆さん、ご自身の創業計画書を作成してください。
      必要に応じて追加を予定していますが、何でもかんでも追加する予定はありません。
      やたら数多くの事例を見てもそれはマイナスです。
      余計な先入観が出来上がってしまう可能性があるからです。



   特典 4  

   創業に関係する諸資料の雛形等(CD:約250ページ

      国民生活金融公庫に提出する各種の資料をマニュアルに添付しております。
      実際のものは国民生活金融公庫等で貰えますからご安心くださいね。

  


   特典 5

   企画書雛形をプレゼント!

     ※ダウンロード MSワード 52.5KB/PDF版 121KB
       マニュアルにも資料として事例を提示しておりますが、さらに簡素化した
       私(吉田)の事業をサンプルとして作成した企画書の雛形を差し上げます。
       よろしかったらご参考下さい!




   特典 6

   創業計画書対応「見積損益計画」エクセルシート(パターン)

    ※ダウンロード MSエクセル 64KB
       創業計画書作成には、損益計画を立てる必要があります。
       その損益計画の雛形を差し上げます。
       これは国民生活金融公庫が提示している4つの基本業種パターン
       対応したものです。よろしかったらご参考下さい!




   特典 7 永久保証!!

   内容の追加、改訂のお知らせ

      内容の追加や改訂については、必要に応じて随時お知らせいたします。
      PDFファイルや音声ファイルにて、ダウンロードにて配布させていただきます。
      このサポートは、私がこの仕事をしている限りは続けていきたいと思ってます。
      ただし、100%保証するものではありません。




   特典 8 ※現在作成中。

   緊急レポート「絶対知って欲しい。法人設立」を差し上げます。

     ※マニュアルにて同封予定。
      法人を設立する際の注意点を資金調達の専門家の視点からお話させて頂きます。
      特に司法書士、行政書士の先生方には知って欲しいです。
      新会社法がスタートして様々なリスクが浮き彫りになってきました
      起業家の皆さん!是非こういうことを知った上で法人を設立してください。




   特典 9 

   マニュアル(国金該当部分)解説「音声ファイルセミナー」プレゼント!

     ※ダウンロード方式 MP3 67.2MB (約1時間14分)
      マニュアルの国金部分の解説です。是非、これを聞きながらマニュアルを読んで下さい。
      理解力がさらにアップします。
       何度も聞いてください!重要なポイントを音声にて解説しております。




   特典 10 

   タイムリーな情報を音声ファイルにて無料配布いたします!

     ※ダウンロード方式 WMA又はMP3 (15分〜30分くらいを予定)
       資金調達環境はよく変化します。タイムリーな資金調達情報を
       音声ファイルにて差し上げます。これで常に新鮮な知識を知ってください。
       これは、該当時期が過ぎれば削除いたします。

     ※音声ファイルの例。(06年12月公開、07年1月に削除)
     ・「これから創業する方のための年末年始対策・音声ファイルセミナー
       WMA 12.6MB (約20分)

 
    このようにタイムリーな開業融資に等に関する情報を分かりやすく文章では
     なく音声にてご報告しております。お忙しいあなたでも時間のある時に気軽
     にパソコン等で聞くことができますよ。




   特典 11 

   音声ファイルセミナー・「徹底“創業計画書”解説」をプレゼント!

     ※ダウンロード方式 MP3 40.2MB (約44分)
      特に皆さんが疑問に思う国金の「創業計画書」の書き方を音声にて解説します。
      是非、これを聞きながらマニュアルを読んで下さい。理解力がさらにアップします。
      何度も聞いてください!重要なポイントです。



   特典 12  

   音声ファイルセミナー・「国金で断られたら…」をプレゼント!

     ※ダウンロード方式 MP3 29.6MB (約33分)
      国民生活金融公庫からどうしても開業資金の調達ができなかったらどうするか?
      緊急対応として参考にしてください。神様で無い限り100%の成功はありえません。
       嘆いていても何もはじまりません・・・。次の可能性だってあるのです。
      資金調達コンサルティング専門一筋10年のキャリアはあなたの参考になるはずです。



   特典 13 (士業やコンサルタントの先生方へ・・・)

   簡易版/融資ヒアリングシート(PDF)を使ってください!

     ※ダウンロード方式  MB
      日頃、私が使用していた簡易版のヒアリングシートを差し上げます。
      特に起業家を開業融資の支援していく予定の税理士や行政書士、経営コンサルタント
      などの先生は、是非ともお役たてください。
       私が10年間の資金調達コンサルティング一筋を実行してきた中で、何度も作り直して
      たどり着いたヒアリングシートです。必ずやお役にたつことでしょう。
      また、起業家の皆さん! 私のようなコンサルタントがどういう視点で起業家の融資の
      相談に乗っているかが、わかると思います。これもとてもとても勉強になりますよ。



   特典 14 士業やコンサルタントの先生方へ・・・

   詳細版/融資ヒアリングシート(PDF)を使ってください!

     ※ダウンロード方式  MB
      日頃、私が使用していた詳細版のヒアリングシートを差し上げます。
      簡易版と比較して、さらに細かくヒアリングをする時に使用していました。
      簡易版は、この詳細版を基に作成されたものです!



   特典 15 

   財務分析シート(エクセル版)を差し上げます!

     ※ダウンロード方式  MB
      これは、起業時には必要ありません。しかし、起業して決算を向かえれば、銀行融資
      を検討することもあるでしょう。その際には、決算書の財務状況が最大のポイントです。
      PL、BSの勘定科目をエクセルシートに入れるだけで、銀行が重要視する財務指標
      数値が一目瞭然でわかります
      
あくまでも起業時には関係ありません・・・。いずれ必要になるときがくるでしょう。
     よろしかったら参考にしてくださいね。




2.実践サポートメニュー


   特典 16 (6ヶ月間無料サポート)

   無料メール相談

      初回だけで2回目以降の相談はなるべく有料の電話相談をご検討下さい。
      これは単なる"報酬"だけの問題ではなく、メールだけの曖昧、且つ少ない
      情報だけでは適切なアドバイスをすることが出来ないからです。
      勘違いして受け取った(感じ取った)情報を信じて申請してしまうという潜在リスク
      があります。微妙なニュアンスをメールで伝えるのは困難なのです・・・。




   特典 17 (6ヶ月サポート)

   電話相談50%OFF

      「通常:10,500円/30分」のところ「5,000円/30分」
      ご購入して下さった方のみ対象として、特別料金「税込5,000円」。
      先ずはEメールでお問合せください。




   特典 18 (6ヶ月サポート)

   面接相談 特別割引

      「通常:31,500円」のところ「20,000円」
      ご購入して下さった方のみ対象として、特別料金「税込20,000円」。
      先ずはEメールでお問合せください。その際、相談日時等を決定します。
      尚、遠方で私が訪問させていただく場合、規定の日当及び交通費を
      ご請求させて頂きます。




   特典 19 (6ヶ月サポート)

   開業融資申請の実践支援

      「通常:52,500円〜+成功報酬5%」のところ「特別見積もり」いたします。
      どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。




   特典 20 (事業者向けサービス)(6ヶ月サポート)

   FC本部、創業支援団体へのご支援

      FC本部の加盟者の開業融資サポートを致します。加盟予定者の資金調達相談も承ります。
      その際、上記の報酬規定で支援することも可能ですが、FC本部様と当方の
      月極め契約(顧問契約)も可能です。
      そうすれば、加盟予定者から報酬を頂くことはなく、本部の無料サービス支援として
      提供することができます。
      また、創業者支援団体様も同様なサービスで対応させて頂きます。



 <お願い&ご注意>
  ※現在、作成中のレポート、音声セミナー等は、完成次第ダウンロード方法をお知らせ致します。



      お申し込みはこちらからどうぞ。


 ご購入者様の声を聞いてください・・・。

 各種マニュアルをご購入下さった皆様の声をご参考下さい。
 あらゆる業種、お仕事の方がご購入くださっております。

   →こちらからどうぞ。


 しかしながら、やはり心配事は消えませんよね?

 およそ6〜7年前のことです。40歳後半くらいの大手メーカーの営業部長さんだった方が会社を辞めて起業する際のお手伝いをしました。

 国民生活金融公庫の面談の日のことです。その方から電話を頂きました。「今、国民生活金融公庫の入り口にいるんですが・・・、急に不安になっちゃって・・・大丈夫かな?」って言うのです。

 こういうキャリアをお持ちの方だってやはり始めての経験なのでやはり不安なんですね。だから、あなたが、「面談の時に何を聞かれるのか?」、「審査に通るかどうか?」と思うのは人間として当たり前です。皆、同じなんですよ。


 このホームページにアクセスしてくださったのも何かご縁です。
 私はこのご縁を大切にしたいと思っております。

 相談ごと、悩み、ご意見・感想、マニュアルに関するご質問など・・・何でも構いませんので、(メールで)ご連絡を下さい。是非、メールですがお話ししたいですね。

 よろしかったら、無料メール相談をご利用ください。
 時間がかかっても必ず返信します。

 あなたの起業を応援しております。


      お申し込みはこちらからどうぞ。




 今回ご縁が無かったとしても、是非、このHPを覚えておいてください。
 必要な時にアクセスしてくだされば・・・と思います。

 きっと、私の経験があなたのお役に立つと思っております。


               吉田 学



 資金調達 銀行融資 公的融資 助成金の深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 資金調達 銀行融資 公的融資などの関連ホームページ

 1.創業資金、開業資金に関する資金調達知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する資金調達知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する資金調達知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する資金調達知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル

 5.日本政策金融公庫を攻略するなら
   →日本政策金融公庫攻略ナビ



資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。