資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 資金調達 融資 助成金等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 融資 の種類・・・。皆さんはどれくらいご存知ですか?




 融資 の種類について? いくつくらいあるのか?

 さて、「 資金調達 の体系」のページで、「中小企業にとって、 融資 がもっとも重要」というお話しをさせて頂きましたが、それではその融資ってどういうものがありました・・・? 

 公的及び銀行の融資に関する 融資 制度について説明を軽くしましたよね。

 以下に、皆さんに覚えて頂きたいと思う制度をご紹介します。
 是非、参考にして下さい。正確にはこれ以外にもありますが・・・。


<融資制度の種類>

 1.政府系金融機関からの融資
 2.信用保証付き融資
 3.民間金融機関からのプロパー融資、ビジネスローン
 4.ノンバンクからの事業者ローン
 5.その他・・・



 これらは、中小企業が利用する可能性のある資金調達方法です。

 この中でも特に利用しやすいのは、「政府系金融機関からの融資」、「信用保証付融資」による 資金調達 ということになるのでしょうね。

 いわゆるこの二つの 資金調達 方法は“公的融資”と呼ばれるものです。。

 このことも覚えておきましょうね。

 民間金融機関からのプロパー融資も非常に利用しやすくなってます。しかしながら、いわゆるビジネスローンが主流ですので、金利も公的制度と比べるとやや高めです(業績のよい企業は低いかも・・・)。

 しかも創業者の方は原則として利用するのは無理です。(一部の地方銀行などでは創業者向けのプロパー融資も実施していますが・・・。)最低2期の決算書が必要です。また債務超過も駄目です(例外もあり)。

 もちろん、格付けにいう「正常先」とれなくては融資をしてもらうことは無理でしょうね。

 逆にそれらの点がクリアできるのなら可能性が高いのでチャレンジする価値はあるかもしれません。、「早く資金が欲しい」という会社には得策かもしれません。

 要はバランスです。

 この“ビジネスローン”に関してもう少し説明しましょう。これは主に都市銀行で実施されています。東京三菱銀行の「融活力」、三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」、みずほ銀行の「みずほアドバンスパートナー」、UFJ銀行の「ビジネスローン」などがあります。
 
   ・詳細は「ビジネスローン攻略マニュアル」WEBまで。

 これらの対象となる事業者の共通点は、「2期以上の決算が必要」、「債務超過でないこと」、「代表者が連帯保証人になること」などです。

 またスピード回答が売りとなっています。
 回答が早いのは経営者にとっては有り難いですね。

 「ビジネスローン=スピード回答」とうイメージがありますが、これは都市銀行等での傾向であって、一部の地方銀行では、意外と時間がかかります。

 「通常の融資とさほど審査に要する期間はかわらないのかなあ」と感じています。

 都市銀行がビジネスローンをはじめて以来、地方銀行はやはり厳しいものがあるようです。それに呼応するように地方銀行もビジネスローンをはじめました。

 もし皆さんの取引先金融機関、または近くの地方銀行がビジネスローンをはじめたら、これはチャンスかもしれません。

 スタートした時は、やはり実績を上げたいものです。ですからそれなりに積極的に取り組んでくれるはずです。


   ・詳細は「ビジネスローン攻略マニュアル」WEBまで。


 さらに深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「重要なのは・・・」のページへ
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しい方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。