資金調達 融資 を成功させよう!!銀行融資、ビジネスローン、国民生活金融公庫、信用保証協会、助成金など。
  資金調達 融資 WEB
 資金調達 サポート&資金調達マニュアル

MY BEST
SUPPORT
 TOP | プロフィール | 無料レポート | 商材一覧 | 資金調達マニュアル | コンサルタント講座 | セミナーDVD | 各種ご相談 | リンク |


 資金調達・金融用語辞典!!

資金調達 メルマガ(byまぐまぐ!)
「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」:700人25億円の支援実績!
登録フォーム
解除フォーム

ご挨拶
 ・経営者の皆様へ
 ・士業、コンサルの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
  (銀行等、VC、ノンバンク、
  ライフプランナーの皆様へ)
 ・マスコミ皆様へ
 ・セミナーのご依頼等

資金調達 TOPICS 【更新中!】
 ・最新資金調達ノウハウを連載!

資金調達 ノウハウ大特集
資金調達 の全体像
 ・資金調達 の体系について
 ・重要なのは?

資金調達 融資について1
 ・融資の種類は?
 ・政府系金融機関とは?
 ・国金の落とし穴?
 ・信用保証協会の落とし穴?

資金調達 融資について2
 ・開業、創業資金5つのポイント
 ・ダブル申請できるの?
 ・事業計画書が書けない!

資金調達 ノンバンクについて
 ・ノンバンクの有用性
 ・活用方法の基本

補助金・助成金について
 ・補助金・助成金とは?
 ・これがポイント
 ・誰がもらえるの?

直接金融について
 ・直接金融?(少人数私募債)
 ・VCから調達する方法
 ・資本政策って?

法律の承認について
 ・法律の承認とは
 ・騙されるな。これが正体だ!
 ・新事業活動促進法

その他 資金調達 について
 ・金融検査マニュアル
 ・リスケジュール

不動産活用について
 ・不動産活用でお困り?
 ・不動産担保融資


     資金調達 著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて

 資金調達 融資 助成金等に関するあなたの悩みを解決します!
 
 資金調達 の全体像について把握してください。これが大切です。




 資金調達 の全体像について

 資金調達って一体どれくらいの種類があるのでしょうか?
 皆さんご存知ですか?

 誰もが思いつくのは、「融資」、「補助金・助成金」などでしょうね
 創業予定者や中小企業の皆様にとっては一先ずこれで十分かもしれません。

 以下に、皆さんに覚えて頂きたいと思う「資金調達の体系」を示してみます。
 是非、参考にして下さい。

<資金調達の体系>

 1.融資
    1)身内借入れ
    2)公的融資
      ・政府系金融機関
      ・信用保証協会の利用
    3)銀行融資
      ・プロパー融資
      ・ビジネスローン(プロパー融資の一形態か?)
    4)ノンバンク融資

 2.補助金・助成金
    1)研究開発、技術開発、サービス開発等の助成(経済産業省・総務省系)
    2)人材確保、能力開発等の助成(厚生労働省系)

 3.社債(直接金融)
    1)少人数私募債
    2)特定社債制度など

 4.投資(直接金融)
    1)ベンチャーキャピタル
    2)投資育成株式会社
    3)個人投資家(エンジェル)など

 5.法律の承認
    1)中小企業新事業活動促進法
    2)その他・・・



 融資も色々な種類があります。身内からの借り入れも重要な資金調達方法の一つです。まあ、できればしたくないかもしれません。だけど、特に創業者の方は“困った時の親頼み”ではありませんが、もし甘えることが出来るのなら甘えてもよいのでは・・・?

 さてそれ以外の融資は「公的融資、銀行融資」と続きますが、特に創業者や中小企業にとっては、それらにお世話になることが多いでしょう。

 もう少し広く説明すると、創業者や中小企業が最初にお世話になる制度は、



           「公的融資、補助金・助成金」



です。

 これらの制度を如何に上手に利用していくかということがとても重要です。これらの利用方法を如何に極めるか?! これが重要なんですよ。


 投資や社債についてはどうでしょうかね。時々、テレビで政治家の先生や偉いお役人さんが、「貸し渋りでも、直接金融という方法もあるじゃないか? 中小企業はそういう方法も検討すべきだ」とおっしゃっていますが、これは本当なのでしょうか?

 私に言わせれば、お偉方は「全く中小企業の現場がわかっていない」ということです。

 そりゃ、中小企業だって、年商数10億円あって、利益も出ていて、将来性が抜群だったら、投資も可能かもしれません。ベンチャーキャピタルだってお金を投資したがっていますから。

 だけど、中小企業の多くは投資をうけるなんて中々難しいですよ。特にアーリーステージの会社は!

 このように資金調達の方法ってたくさんありますよ。だけど、やはり、創業者や中小企業が最も利用しやすい制度は「公的融資、補助金・助成金」です。それと、今、流行?の「ビジネスローン」も大いに活用したいですね。

 そして、実績があれば、民間銀行からの「プロパー融資」だって可能です。

 つまり「融資」がもっとも重要です(と私は思っています)。 これが現実なのです!



 さらに深い知識を身に付けるには・・・。

■もっと、資金調達の基礎知識を知りたい方は・・・
   →「重要なのは?」のページへ
   →「無料レポート」のページへ

■徹底的に資金調達ノウハウを身に付けたい方は・・・
   →「資金調達マニュアル」のページへ
   →「資金調達コンサルタント養成講座」のページへ

■吉田学のセミナーを見てみたいという方は・・・
   →「セミナーDVD」のページへ

■直ぐに相談に乗って欲しいと思ってくださった方は・・・
   →「資金調達の相談」のページへ


 さらにノウハウを知りたいと思ってくださったなら・・・

 1.創業資金、開業資金に関する知識なら・・・
   →創業・開業資金攻略ナビ

 2.国民生活金融公庫に関する知識なら
   →創業・開業資金攻略ナビ

 3.公的融資、銀行融資に関する知識なら
   →公的融資&銀行融資攻略ナビ

 4.ビジネスローンに関する知識なら
   →ビジネスローン攻略マニュアル


 
 資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
 Copyright 2003 by My Best Support. All rights reserved
 マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。